家出少女の神待ちについて

家出という行為は危険性が伴います。
未成年というだけで危険性は付きまとい、「女性」である事がさらに危険

近年核家族化が進む日本において、従来の祖父母と共に生活を行う2世帯以上がスタンダードであった時代においては、発生する事が少なかった又は発生しなかった家出が増加し続けています。

 

その理由はほとんどの場合「家庭環境」であり、従来ならば改善が比較的容易であった家庭環境が、核家族化によりその問題を対処しきれなくなった故の結果です。ましてや自分の子供が思春期の女性である場合、男性である場合と比較してその影響は計り知れません。

 

女性であるが故の家庭環境への繊細さは男性のそれよりも強く、ちょっとした原因であっても家出に直結する可能性があります。これに関しては、何らかの問題が発生した際に、両親が可能な限りフォローしてあげる必要性があります。

 

さらに、家出という行為は危険性が伴います。未成年というだけで危険性は付きまとい、「女性」である事がさらに危険に拍車をかけます。日常から子供に気を掛け、発生する問題を家族一丸となって皆で解決して行く事が、これを防ぐ手段の一つであると考えられます。