家出少女の神待ちについて

、家出をする多くの少女達には心の中に闇があるという部分は否めません

家出少女というと、一昔前までは不良少女が家出をするというようなイメージでしたが、現在の日本では不良と呼ばれる子以外でも家出をする少女が増えました。

勿論、家出をする理由には様々あり親との関係がうまくいかない、学校生活が上手くいかない、社会が嫌だなど個人個人によって理由は全く違います。

しかしながら、家出をする多くの少女達には心の中に闇があるという部分は否めません。

戦後の日本はとても厳しい状況を経て、今現在のように発展し平和になっているのにも関わらず、現代の若い子の心は深い闇に包まれてしまっているのです。

年配の方から見れば、今どきの若い者は我慢が足りないと思うでしょうが、彼女達は彼女達なりに悩み苦しんでいます。

今の日本に暮らす私達はとても恵まれています。けれども、それは物質的に恵まれているだけであって、昔のような隣近所の付き合い、家族との強い繋がりなどが希薄になっているのは否めません。

物を与えてあげれば満足する、そんな育て方をされた現代の少女たちは愛に飢えてしまうのです。そして、家を飛び出し愛を与えてくれる人を捜し求めてしまう。

人との関係をどう築けばいいのかわからない少女だからこそ、家出少女として夜の街を放浪してしまうのかもしれません。