家出少女の神待ちについて

具体的に言いますと、夜の事をあまりしょっちゅうしないということ

家出少女というのは立場が弱いですから、つい多くの要求をしてしまいがちです。少女に長くいてもらうためには、それを我慢することも大事だと思います。具体的に言いますと、夜の事をあまりしょっちゅうしないということです。

まあ考え方は人それぞれで、短い間にやれるだけやれればいいという人もいるでしょう。しかしそれで恐いのは、少女が腹を立て自暴自棄になることです。例えば、金目の物を盗んで去るなどのことにならないとも限りません。

僕の場合、週2回というかなり少なめの回数で、最初に約束をしました。ぶっちゃけ、横に若い女の子が寝ているのに何もしないというのはキツかったです。しかし少女はそういう状態が気に入ったのか、数ヶ月いてくれました。最後の方は仲良くなり、こっちが求めないのに向こうから布団に入ってくることもよくありました。恋人のようでしたよ。

まあ女の子によっては、そんな気をつかっても無意味という子もいるでしょうが、一つの方法としてこういうやり方もあると思います。